日本的國號(3)

有學過一點日文的台灣人可能會發現:「日本」的讀音有「ニホン」和「ニッポン」兩種。

由於外語的初學者的語言知識不足,所以學外語時最需要的是用詞的標準範例。

日語的初學者,遇到「ニホン」和「ニッポン」這種沒有標準讀法的詞彙,會非常為難。事實上,日本的確沒有統一自己的國家「日本」這個詞的讀音。

其實早在帝國議會時代,就有政治家把「ニホン」和「ニッポン」這兩個讀音問題提出來討論過。當時議場內,有些議員把「日本」讀作「ニホン」,把「日本人」讀作和「ニホンジン」。也有一些議員把「日本」讀作「ニッポン」,把「日本人」讀作「ニッポンジン」。不同議員口中的「日本」的音,可能完全不同。所以就有議員認為要趁制定新憲法(日本國憲法)時,順便把「日本」的正式讀音統一。

當時日本的國務大臣金森徳次郎認為,「ニホン」和「ニッポン」這兩種讀音都存在,而且兩者都正確。而且在日本,有很多公司行號的註冊名稱帶有「日本」兩字,有些讀作「ニホン」,有些讀作「ニッポン」。除了公司行號以外,日本有些地名也帶有「日本」兩字,而且也是些讀作「ニホン」,有些讀作「ニッポン」。這些公司行號以及地名全部都是安定的專有名詞。所以讀音的問題影響層面非常大,應該要先花時間研究,不宜立刻統一讀音。

到了2006年現在為止,「日本」的讀音還是沒有統一的跡象。一般的日本人對「ニホン」和「ニッポン」這兩個讀音並沒有那麼在意。因為對日本人而言,「本」的清音濁音的使用本來就不明確,每個人的使用習慣可能都不一樣。

在戰前,日本的文部省要求學校在指導學生時,原則上要把「日本」讀作「ニッポン」,不過在一些有特別意義的情況下則可以讀作「ニホン」。簡單地說,就是原則上讀作「ニッポン」,「ニホン」則是例外狀況。文部省這麼規定,多少是因為當時日本的國號叫作「大日本帝國」(だいにっぽんていこく)。

不過到了戰後,兩種讀法漸漸發生逆轉,現在一般日本人把「日本」讀作「ニホン」。一般日本人會把「日本國憲法」的「日本」即讀作「ニホン」。只有在特別情況,例如特別想強調日本這個國家時,才會把「日本」讀作「ニッポン」。這是因為破裂音比摩擦音響亮,比較容易讓人聽清楚。至於專有名詞則是依專有名詞本來的讀法。而NHK在播報新聞時,一般也是把「日本」讀作「ニホン」,而強調國家名稱時才唸作「ニッポン」。

儘管一般日本人是把日本唸作「ニホン」,不過日本的一些政治思想傾向右派人士比較喜歡「ニッポン」這種比較響亮的叫法。日本共產黨由於思想上比較傾向左派,因此政黨名稱中「日本」讀作「ニホン」,如果日本的共產黨員聽到有人把日本共產黨的「日本」讀作「ニッポン」的話,可能會非常不高興。而日本社會黨的政治主張雖然傾向社會主義,不過政黨名稱中的「日本」兩字卻是讀作「ニッポン」,算是一個較意外的情形。


日本銀行券。日本銀行券的背後寫有日本銀行的羅馬字名稱。由於現在的日本人在一般的狀況時是將「日本」讀作「ニホン」,因此在看到「日本銀行」時,很多日本人會直接將之讀作「ニホン銀行」,然而實際上,日本的鈔票後面的羅馬字寫的是「NIPPON GINKO」。

相關文章連結:
日本的國號 (1)
日本的國號 (2)

台湾の書道の授業の様子

台湾の書道の授業台湾の学生の書道用品台湾の書道半紙も見てね。

書道の授業の様子は、こんな感じ。

これは小学校の低学年の授業らしいので、
運筆の基本のようなことを勉強しているみたい。

ミニマムでオーソドックスな台湾人の学生の書道は、
新聞紙を敷き、そこの上に半紙を置いて、筆でマスに字を埋める。

書いている字の大きさのせいかもしれないけど、
日本の書道よりも、筆がやや細いような気がする。

当然だけど、台湾なので、平仮名ではなくて、
簡単な漢字から授業は始まる。
そして、想像がつくけど、繁体字中国語ゆえに、
だんだんハイパーに難しい漢字が登場してくるんだよね。
それはすごいと思うけど――日本の書道も侮れないよ。

台湾人は毛筆で漢字しか書かないということは、曲線は少ないということだよね。
右はらい、左はらいぐらいのレベルの曲線しか書いていないんだろうから、
例えば、う、え、ち、つ、と、ひ、も、や、ら、ろ……とか、
あ、お、す、な、ぬ、の、は、ほ、ま、み、む、め、ゆ、よ、る……とか、
日本語でよく書かれるような、曲線というか回転するような運筆をする書道は苦手かもね。

日本的國旗(2)

日本最早的國旗是1870年2月由行政命令公告的「商船國旗」。由於當時由於日本還沒有憲法,而當時的「商船國旗」的規定也不是由法律的形式,而是屬於「郵船商船規則」的條文,而當時的「商船國旗」就是一種「日章旗」(尺寸和現在的「日章旗」略有不同)。

同年4月,日本政府決定讓軍隊也有國旗,兩個月後,日本的陸軍國旗制定完成,當時叫作「陸軍御國旗」。「陸軍御國旗」是樣式名稱是「十六条旭日旗」(じゅうろくじょうきょくじつき),「日章」的周圍有十六道紅色光芒。同年10月,日本的「海軍御國旗」也制定完成。「海軍御國旗」則「商船國旗」一樣都是「日章旗」。

「十六条旭日旗」本來是日本陸軍的國旗,不過這個國旗用了幾年之後,就變成日本軍旗 (尺寸略有變化)。到了1879年,由於軍旗制度的建立,「陸軍御國旗」正式廢止,「旭日旗」就成為日本軍旗的代表。到了1889年,日本的海軍把「旭日旗」定為軍艦旗。現在的「十六条旭日旗」是日本的海上自衛隊的「自衛艦旗」,立在艦尾。


日本海上自衛隊的艦艇上都看得到「十六条旭日旗」(自衛艦旗)

在一些國家的法律中,侮辱或毀損國旗是違法行為。例如中華民國刑法就有關於侮辱中華民國國旗或外國國旗的刑罰規定。日本的刑法也有規定毀損國旗方面的刑罰,不過僅限於外國國旗而已。也就是說,在日本毀損日本國旗並不會受到處罰,不過在日本毀損其他國家的國旗則可能會受到處罰。

相關文章連結:
日本的國旗

台湾の書道半紙

台湾の学生の書道用品も見てね。

台湾人が使う書道半紙は、あらかじめ線が引いてあるんだよ。
だから、真っさらな書道半紙を折り畳んで字の目安を考えたりする必要はないよ。
線が印刷されている書道半紙が市販されているので、それを購入して使う。

書道半紙には幾つかのパターンがあるみたいなんだけど、
大きい文字(大字)を書くためだけの半紙では、
縦4マス、横3マス、12マス分の字が書けるようになっていて、
大字といっても、日本と違って一つの半紙の中に字をたくさん書き込む。

さらに1マスの中には、さらに3×3で分割されていて、まるで数独のマス目みたいに見える。
こういうふうな半紙のマス目も数独のマス目も「九宮格」というみたいで、
九分割にしたマス目の座標で字の配置を考えさせる指導をするみたいだ。
私個人的には、3分割よりも偶数で分割して字の配置を考えていたので、妙に違和感がある。

さらに、小さい文字(小字)を書ける半紙もあって、その場合は、
縦4マス、横2マスの大字のマスの横に、さらに
縦20マス、横5マスの小字のマスがあったりする。

この書道半紙は半紙の左端欄外に学年や名前を書く欄があって、
そこに自分の学年や名前を何とボールペンで記入できたりして、
半紙に墨汁以外のもので何か書き込むのは物すごく抵抗があるけど、
書を書くときに、左横に名前を書くことを想定した字の配置をしなくてもいいから、
機能的だとも言えなくはない。

日本的國旗(1)

在2006年現在,一般台灣民眾把中華民國國旗叫作「青天白日滿地紅旗」,「青天白日滿地紅旗」就是國旗的通稱。

日本的國旗也有通稱。一般日本民眾把日本國旗叫作「日の丸」。在日本的法律上,日本國旗則叫作「日章旗」。

在台灣人的感覺中,國家有國旗似乎是理所當然的事,法律規定國旗似乎也是理所當然的事情。不過這只是台灣人的【感覺】而已。在日本,日本國旗是從1999年才開始得到正式的法律認證。在1999年之前,日本的法律並沒有關於國旗方面的規定。

「日の丸」的意思就是圓形的太陽。日本在戰國時代就有一些武將使用了圓形太陽圖案的旗幟,德川家康用的軍扇上也畫有圓形太陽。只是當時的「日の丸」的配色未必是紅白色,有些可能是紅太陽配金底,有些是金太陽配黑底。

到了江戶時代,幕府的船也用「日の丸」的裝飾。

到了十九世紀,很多西洋船在日本附近活動,日本也開始建造西洋船。江戶幕府為了區別日本的船和外國的船,於是就規定日本的船要使用紅白的「日の丸」符號。

到了1870年,明治政府訂立了商船規則,規定日本的商船必須掛紅白的「日の丸」旗(日章旗)。這種日章旗就是「商船國旗」。也就是說,日本國旗的出發點是為了識別商船的國籍。之後,日本的軍艦也採用了日章旗。

在當時的觀念中,日章旗是商船和軍隊才用的東西。日本的帝國陸軍用的旗幟則是「旭日旗」(十六道光芒的大陽旗),日本陸軍並不承認「日章旗」是日本的國旗。

到了1931年,日本的帝國會議眾議院通過了「大日本帝國國旗法案」。這個法案規定的日本國旗樣式就是現在日本的國旗樣式。這個法案在3月26日送到貴族院審議,不過3月28日帝國議會會期結束。根據日本國會規定,法案如果在會期中沒有通過的話,就會廢案。當時的「大日本帝國國旗法案」沒有在會期結束前完成審議,所以就廢案了。戰前日本國旗並沒有立法完成。

由於日本在1999年之前並沒有任何規定日本正式國旗的法律,所以在1999年之前,並沒有國旗的法源依據,就只是基於習慣把「日章旗」當成國旗而已。。

日本在1999年制定的「国旗国歌法」和1931年的「大日本帝國國旗法案」相比,「大日本帝國國旗法案」的條文有十一條,規定了國旗的設計樣式和使用方式,也包含了不能污辱國旗的條文。至於而日本現行的「国旗国歌法」的條文只有兩條,關於國旗方面的條文只有一條而已(另一條是規定國歌),而這一條只規定了日本的國旗為「日章旗」而已,至於國旗的樣式則是由另外的文字及圖形說明,並不列入正式條文,條文也沒有提到國旗的使用方式。

台湾の学生の書道用品

書道道具のことを「文房四宝」(wen2 fang2 si4 bao3)といったりして、
これは、筆、墨、紙、硯のことで、教養のある日本人ならばよく知るところだと思う。
ただ、書道セットのことを「文房四宝」というわけではなくて、
あくまでも教養として、こういう言葉があるということを教えるだけだよ。

書道の時間のために台湾人の学生が用意するものは、
日本の学生が用意する書道道具と違ってかなりシンプルのような気がする。
日本であれば、大抵書道バックみたいのを買わされるんだろうけど、
台湾では必ずしも書道バックを買う必要はなくて、必要なものを持ってくればいいのだ。

台湾人の書道の時間で必要なものとは――

墨汁


書道半紙
新聞紙
エプロン
などだよ。

日本と大きく違うことは、
書道用文鎮や書道用下敷きがなくても道具として問題がないということかな。
台湾では、フェルトの下敷きを敷かずに、新聞紙の上に直接半紙を置いて毛筆をしてもいいらしい。

紙を固定せずに、しかも下敷きも敷かないなんて、
それはすごくチャレンジャーな書道だなと思うんだけど、
書道用半紙が日本と違うことや、書く字の大きさに違いがあるから、なせる技なんじゃないかと思ったりする。

日本的兒童節

五月五日是日本的「こどもの日」,日文的「こども」的意思就是小孩。「こどもの日」就相當於台灣人觀念中的兒童節。

學過一點日文的人可能知道日文的「こども」可以寫成「子供」。所以有人可能會把「こどもの日」寫成「子供の日」。不過日本市面上賣的記事本和月曆上印的不是「子供の日」,而是「こどもの日」。這是因為日本的法律條文規定五月五日是「こどもの日」。這個節日名稱的書寫方式有法源依據。

日本的「祝日法」中,「こどもの日」的節日宗旨是:尊重兒童,努力創造兒童幸福,並感謝母親。

「こどもの日」的由來是華人的端午節文化。端午節在日本叫作「端午の節句」。「節句」的意思不是紀念日或假日,而是傳統民俗行事。

華人世界的端午節是陰曆的五月初五,由於日本已經不用陰曆,所以日本把「端午の節句」定在陽曆的五月五日。

日文的「こども」的意思是小孩,不論男女都叫「こども」。不過習慣上,「こどもの日」的慶祝對象是男孩子。這一天,有男孩子的日本家庭會掛「鯉幟」(鯉魚旗),家中也會擺設「五月人形」。

「鯉幟」是由一個桿子加上「吹き流し」和鯉魚旗構成。「吹き流し」在桿子的最上方,本來「吹き流し」只是用來測風向的旗幟,不過在「鯉幟」上的「吹き流し」是由五種顏色構成,代表著五行調和安定。一般而言「吹き流し」下方的鯉魚一共有三條,黑色鯉魚的代表父親,紅色鯉魚代表母親,其它的則代表小孩。懸掛「鯉幟」代表著家人期待小孩有一天能像鯉魚一樣躍上龍門。


「鯉幟」。一般的「鯉幟」只有三條鯉魚,而照片中的「鯉幟」是屬於豪華型的,一共有五條鯉魚。

「五月人形」一般而言就是日本傳統的「鎧」(盔甲)或「兜」 (頭盔)的模型,家中擺設「五月人形」代表著家人期待小孩變得堅強。

除了「鯉幟」和「五月人形」等應景物品之外,在「端午の節句」這一天,日本還有一種應景點心「柏餅」。「柏餅」是由包著豆沙粳米餅,外面再包上「柏葉」的和菓子。柏葉在新芽還沒長出來之前,舊的葉子不會掉。「柏餅」可以代表家族永遠繁盛。

  
「柏餅」及「柏葉」。日本人說的「柏」和中文的「柏」是不同的植物。日本人說的「柏」在中文叫「槲樹」。

台湾の書道の授業

台湾でも書道の授業がある。
日本では、書道というよりも「書写」の授業というんだろうけど、
台湾でも、言い方があって、
小学校で行われるものは「写字」といい、
もっと上の学年で行われるものは「書法」という。

台湾での書道の授業は学校によって違うけど、
小学校では3年生ぐらいから始まって、6年生まで行われる。
中学校でも書道の授業がある。
高校以降では、選択次第では書道の授業はあるらしいね。

こういう書道の授業だけではなくて、中学生以降になれば、
国語の先生によっては、毎週の宿題として課したりするし、
長期休暇時の宿題などでたっぷり出されたりするらしい。
――ということで、日本よりかは毛筆で書かされることが多いようだ。

自宅で毛筆の宿題といえば、日本だったら、それは書き初め以外に想像がつかないんだけど、
台湾には書き初めみたいな超細長い半紙で書道課題が出ることはないらしい。
そもそも春節明けに書道作品をしたためようという習慣もないみたいだ。

書道コンクールというのは台湾でもあるらしくて、
学内や自治体の中で行われたりするのは、日本と同様だと思う。
ただ、日本と違って硬筆のコンクールはないよ。
台湾では硬筆の授業はなくて、これらの字の書き方を指導する授業は専ら毛筆だけなんだよ。

日本的國號(2)

由於2006年現在的日本並沒有法定的正式國號,所以日本的外交文書、護照上的國家名稱是姑且比照日本憲法上的「日本國」(日本国)。


日本護照的封面。日本護照封面的文字是「日本国旅券」。


日本護照的內頁。日本護照內頁的國名標示是「日本国」。

如果從法律條文來看,日本的憲法對日本的國家名稱其實相當保留。《日本國憲法》全文中,【日本國】這個字串只出現過三次。這三個【日本國】當中的一個是出自憲法標題。也就是說,實際在憲法條文中出現的【日本國】的字串只出現過兩次而已。

在中華民國憲法中,對於國民的稱呼是用「中華民國國民」,即「○○○國」(正式國號)+「國民」。然而日本的憲法條文中對於國民的稱呼並沒有用「日本國國民」,而是用「日本國民」這種比較含糊的通稱。「日本國民」這個字串在日本憲法當中一共出現了八次。


日本憲法的天皇認證文。雖然日本在正式文件上的國名多寫作「日本國」,不過在日本憲法的天皇認證文中,天皇並沒有把國家稱作【日本國】,而是稱作【新日本】。

由於「日本国」並非日本的正式國號,而且日本也沒有任何法律規定國號,所以戰後日本國會也曾經出現過關於國號的討論。而且討論內容非常有趣。

例如在1950年代的日本國會中,有議員提議把日本的國號定作「大日本國」。

為什麼要叫「大日本國」呢?

因為戰前的日本叫作「大日本帝國」。由於戰後日本實施民主政治,所以沒有必要保留「大日本帝國」中的「帝」。至於「大」這個字則可以繼續保留。這是因為「大」這個字並沒有一定要指國土的大小,最典型的例子就是南韓的正式國號叫「大韓民國」。南韓的國土並不大,但是卻自稱「大韓民國」,所以日本在外交文書上把日本的國號寫作「大日本國」應該並無不可。

當時的日本外務大臣岸信介則指出:外交文書只是比照憲法上的「日本國」而已,如果要決定國號的話要必須經過日本全國國民同意才行,在那之前不可以隨便進行變更。不過從那次的話題之後,到目前2006年的現在為止,日本國會再也沒有討論過正式國號的問題了。

由於一般日本人對於自己國家的國號認知不外乎「日本」或是「日本国」,因此當日本人在學校學到「中華人民共和國」、「大韓民國」、「アメリカ合衆国」、「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」(英國) 等外國的正式國號時,多少會覺得「日本」或是「日本国」這種名稱怪怪的。

註:日本憲法的天皇認證文照片來源為日本的国立公文書館的Digital Archive

台湾の揚げ物の屋台

並べている食材に衣をつけて揚げてくれる屋台のことを鹽酥雞(yan2 su1 ji1)という。

恐らく、興味はあっても日本人観光客には近づきがたい屋台だろうね。
私が台湾で一人で歩いていてこの屋台を見かけたとしても、多分絶対買えないだろうな。

台湾人はこういうのをおやつにしたり、映画を見ながら食べたりする。
だから、住宅街や映画館の近くに出没する屋台である。

注文のときに、語学力がなくてもそれほど問題はない。
横にあるかごをとって、好きなものを選んでかごの中に入れて、
それから、お店の人に渡せば、後は全部まとめて揚げてくれる。
揚げた後は、塩こしょうで味つけをした後に、客の希望に応じて一味トウガラシで味をつけたりするので、
お店の人が特別に何かをふりかけようとしたときにOKかだめかを何らかの形で表現できればなおいい。
全般的に味つけは、日本人にとっては若干塩分が濃いかもしれない。

食材としてオーソドックスなものは、やっぱり鶏肉が有名なので、それは外せない。
あとは、天婦羅とか、イカとかだよ。
(天婦羅については「台湾人の天婦羅の認知度」「台湾の「てんぷら」」を見てね)
昔は種類も少なかったんだけど、今となればこの揚げ物屋台は繁盛して、ラインナップも豊富になってきている。

値段は書いてないので買うのが怖い気がするけど、
単価は、一本当たりとか数枚で幾らとかで、おおむね20―40台湾ドルぐらいでべらぼうに高いというものではない。
200台湾ドルも買ってしまえば多分間食レベルじゃないぐらい満腹になる。