日本的升學補習班(4)

一般而言,台灣的升學補習班每週都會上3~4小時的課,而且幾乎都是跟著學校的行事安排課程。而日本的升學補習班的課程是每星期90分鐘 (「駿台」則是50分鐘為一個單位),一學期約上10~12週,一年兩學期。如果將日本的補習班的單一課程的上課時數和台灣的補習班相比的話,日本的單一課程的上課時數顯然不到台灣的1/2。

日本的補習班的單一課程上課時數不到台灣補習班上課時數一半的原因,是因為日本的補習班的課程安排方式和台灣的補習班不同。台灣的補習班在課程安排上,一個科目開一個課程,然而日本的補習班是一個科目開有好幾個課程。

如果以數學為例的話,台灣的補習班所開的數學課程可能就只是「高○數學」(○為年級) 而已,這種課程是從基礎開理論到應用問題全部包含在內。然而日本的補習班則可能是把數學一個科目分成「基礎数学」、「ハイレベル数学」、「トップレベル数学」三個課程。這種課程分級方式和日本的升學參考書的分級方式非常類似。


典型的日本補習班的上課講義。

「基礎数学」的內容只教基礎理論和一些簡單的基礎問題而已,「ハイレベル数学」則是教一些應用問題,「トップレベル数学」則通常是教大學入學考試的題目。如果學生補「基礎数学」的話當然對於考大學沒有太直接的幫助,而基礎不太好的學生如果不補「基礎数学」而直接補「ハイレベル数学」或是「トップレベル数学」的話,可能完全聽不懂。

又例如物理或是化學,台灣 的補習班的物理或是化學課通常就是「高○物理」或是「高○化學」(○為年級) ,而且也是從基礎理論到應用問題全部包含在內。而日本的補習班的物理或是化學課程則可能和數學一樣,分為「基礎」、「ハイレベル」、「トップレベル」等程課。甚至有些補習班可能會再把這些科目分為理論課程和解題課程,以「ハイレベル」等級為例的話,這個等級的物理課程可能分為「ハイレベル物理」、「ハイレベル物理問題演習」兩種,前者主要是教理論,後者則是教解題技巧。

如果把「基礎」、「ハイレベル」、「トップレベル」,甚至「問題演習」等課程的總時數相加的話,日本的補習班的授課量是遠超過台灣的補習班的。由此也可得知,日本高中生若要把高中課程學到精熟的程度,是要付出很大的代價的。

後記:
本篇文章曾經遭人盜用,詳情請參見:再度發現本網站文章遭人盜用!!!(第十一回)

相關文章連結:
補習班的日文怎麼說?

台湾人と出前

台湾では日本ほど出前文化はないみたいだよ。
もちろん、その地域によって出前できる店はあるのだと思うけど、
恐らく即座に普遍的に想像できるのはピザの出前ぐらいしかない。

写真はピザ屋さん。

日本の宅配仕様のバイクと違って、
まあ普通のスクーターにピザを置く荷台がセットされている。

台湾の家で出前を取ろうと言い出しても、
普通の人だったら、出前をするよりも外に買いに行くことを選ぶだろうね。
あるいは、電話をかけて、注文を言って、取りに行く。
そもそも自分でバイクに乗って買いに行けばいいわけで、
バイクで持ってきてもらう必要はないのだ。

台湾では出前のことは「外売」「外送」と言う。
台湾人は普通は「出前」の意味がわからない。
もし「出前」というと、それは即席ラーメン「出前一丁」を想像するかもしれない。

日本的升學補習班(3)

在日本,大學原則上都是獨立招生。如果某個學生要考兩間學校,就要面對兩間學校的考題。如果要報考三間學校,就要面對三間學校的考題。由於每間學校的出題特色都不一樣,所以日本的升學補習班的課程比台灣的升學補習班的課程多而且複雜。

在日本,有些補習班在設計課程時,會把高一、高二編成一個系統,高三和高中畢業生編成另一個系統。有些補習班則是把課程分為「現役生」(在學生)和「高卒」(畢業生)兩種。簡單地說,就是分成專門針對學校課業的課程,以及專門對付升學考試的課程。

一般台灣的高中生去補習班多半是補英文、數學、物理、化學等科目。國文、歷史、地理等文科科目通常是大家自己讀。

在日本,補習班針對一般高中生開設的課程非常多。包括:現代文、古文、英語、數學、物理、化學、生物、日本史、世界史、地理、政治・經濟、現代社會、倫理等。所以日本高中生放學後去補習班補現代文、古文、日本史等文科科目,一點也不奇怪。

雖然日本補習班所開設的科目的數量相當驚人,不過理系的學生通常不用學歷史地理,文系的學生不用學物理化学,所以其實也還好。

台灣的補習班一般而言每次上課時間約3~4小時,中間通常休息10分鐘。

至於日本的補習班的課程多半是每週90分鐘為一個單位。如果要連上兩個科目的話,中間通常會留20分鐘左右的休息時間。不過一般日本的學生不會把兩個科目排在同一天,所以日本的學生放學後去補習班,通常上一個半小時的課就回家了。如果把台灣補習班的上課的時數用在日本的話,日本學生恐怕會受不了。

一般而言,「有補習」的日本高一、高二學生大多一個星期去兩三次補習班。到了高三,由於要準備升學考式,所以有不少學生一星期會去四五次補習班。

這裡強調「有補習」,是因為並非所有的日本的高中生都有補習。現實中,日本有四成的高中生畢業後沒有升學。不用升學的人當然不用去升學補習班。這些不升學的人可能直接就業,或是去專門學校學一技之長後,然而就業。

※嚴格來說,日本的大學多半是由學部(相當於台灣的大學的學院層級)實施獨立招生。同一間大學的不同學部要自己準備招生考題。考生則是向想進的大學的學部報名。日本學生在考大學時,與其說是選學校,倒不如說是選某個學校的某個學部。如果目標不明確,就無法報名。

後記:
本篇文章曾經遭人盜用,詳情請參見:再度發現本網站文章遭人盜用!!!(第十一回)

相關文章連結:
補習班的日文怎麼說?

「驚く」を表現する

びっくりしたときに、体いっぱいにそれを表現すれば多分台湾人はわかってくれるに違いないけれども、何か言葉を発したいものだ。

驚いたときには「嚇」(xia4)を使う。

何かの拍子に驚いた場合は、「嚇到了」(xia4 dao4 le)、「嚇一跳」(xia4 yi2 tiao4)、「嚇死我了」(xia4 si3 wo3 le)と言えばいい。
これらのびっくりするという表現は、一瞬の衝撃だけじゃなくて、ちょっとした驚きを示したり、大して驚いていないときも使える。

「嚇」(xia4)という言葉は、驚く、驚かせるの両方で使える。驚かせるときも目的語をとる。
この場合、驚かせることのほかにも、相手をちょっとおどかすというニュアンスもある。
あなたをびっくりさせると言いたければ、「我嚇你」(wo3 xia4 ni3)と言う。
私は彼をちょっとびっくりさせると言いたければ、「我要去嚇嚇他」(wo3 yao4 qu4 xia4xia4 ta1)と言う。

こういう驚かせるというのではなくて、何か喜ばせるというびっくりさせることもある。そのようなニュアンスが欲しいときは、名詞である「驚喜」(jing1 xi3)を使う。
あなたを驚かせてあげると言いたければ、「給你一個驚喜」(gei3 ni3 yi2 ge4 jing1 xi3)と言う。

そのほかの表現として、私が中国語ネーティブが話す日本語からよく聞く表現として、驚きの言い方にはこんなものがあると思う。
「意外」という言葉を使う言い方。「我覺得很意外」(wo3 jue2de2 hen3 yi4wai4)
「思わなかった」という言葉から類推できる言い方。「沒想到」(mei2 xiang3 dao4)

使い方は日本語と逆で、
中国語では日本語のように単独で「意外!」というような言い方はできない。動詞とか何かがないと、恐らく台湾人は不慮の事故のことかと認識するかもしれない。
それから、「沒想到」の場合は、日本語では「思わなかった」だけを言われると表現が不自然なので「何が!?」と聞きたくなるが、中国語ではこれ単独で使えるので、「こんなことをするなんて」に当たるような言葉を付属する必要はない。

ちなみに、「嚇」(xia4)という字は「威嚇」という感じでおなじみだろうけど、実は「威嚇」の場合にはwei1 he4と読む。
「嚇」(he4)で読む場合は脅威とか威嚇とかのニュアンスの場合が多いらしい。

日本的升學補習班(2)

日本的大型升大學補習班包括「駿台予備校」、「代々木ゼミナール」、「河合塾」、「東進ハイスクール」。一般日本人稱這四間升大學補習班為「四大予備校」。

「駿台予備校」簡稱「駿台」(すんだい),本部位在東京的駿河台,從北海道到九州都有分校。一般日本學生對於「駿台」的印象是專攻日本的著名國立大學以及醫科的補習班,以理科較強。

「駿台」東京本部二号館

「代々木ゼミナール」簡稱「代ゼミ」(よゼミ),本部位在東京的代々木,從北海道到九州都有分校,一般日本學生對於「代ゼミ」的印象是講師陣容強,模擬考題種類涵蓋日本地方國立大學及一些私立大學,文理兼備。

「代ゼミ」東京本部

「河合塾」簡稱「河合」(かわい),本部位在名古屋市,從北海道到九州都有分校,一般日本學生對於「河合」的印象是上課用的教科書以及模擬考題的品質佳,以文科較強。

「河合塾」横浜校

「駿台」、「代ゼミ」以及「河合」這三家補習班一般被稱為「三大予備校」。「三大予備校」在日本都是相當有歷史的補習班 (歷史均在50年以上),而且從北海道到九州都有分校。一般日本高中生在考大學之前,如果想知道自己的實力的話,通常會依自己的需要參加這些補習班的模擬考,從模擬考的偏差值來判斷自己能考上什麼大學。

「東進ハイスクール」簡稱「東進」(とうしん),本部位於東京的吉祥寺。和傳統的「三大予備校」相比,「東進」的歷史較短(1988年創立),分校也不如傳統的「三大予備校」多,「東進」在創立時請了許多別的補習班或是一些著名升學高中的老師,而且積極發展通信教育,因此在規模上漸漸能和傳統的「三大予備校」對抗。

「東進」本郷三丁目校

後記:
1.2008年4月,「代ゼミ」東京本部轉移到新宿附近新落成的大樓。原來的「代ゼミ」東京本部則變成一般民間的辨公大樓。
2.本篇文章曾經遭人盜用,詳情請參見:再度發現本網站文章遭人盜用!!!(第十一回)

相關文章連結:
補習班的日文怎麼說?

台湾のマンション違法造築 その2

台湾のマンション違法造築 その1」も見てね。

台湾の違法造築は、こんな感じというのを紹介するよ。
ちょっと見にくいけど、場所が特定しにくいように加工してみた。


前方の電線の向こう側に見える建物は、一見屋上が三角屋根の建物に見えなくはないけど――
そこは何と屋上部分に三角屋根をつけておうちにしてしまったという違法造築部分なのだ。


左側の建物は、屋上部には、思い思いに各戸が屋上に自由に新しい建物を造築して住戸にしている。
右側の奧に見える建物は、階段の屋上部のドアから直結させて新たな階を造築してしまったというものだよ。
見た目からは、屋上という感じがしない感じに仕上がっている。

日本だったら建築段階で摘発されそうではあるし、
管理の段階でどこかで規制が働くようなものだろうと思うんだけど、
台湾ではこんな大胆なことになっているので、
チャンスがあったら、台湾のマンションの上部に注目してみよう。

日本的升學補習班(1)

在台灣,由於大學多採用聯合招生制度,高中生在考大學時,只要瞄準學測或是指考 (以前則是聯考) 等少數考題即可,而且同班同學準備的東西幾乎都是一樣的,因此台灣的補習班只要把學測或是指考方面的問題搞定就可以了。

在日本,由於大學招生是採各校獨立招生制度,而且每間學校的入學考試的出題風格均不同,因此日本的學生在準備考試時通常要研究好幾套不同風格的題目。而即使是同一所高中的同班同學,每個人所準備的考試也可能完全不同,而日本的升學補習班也就因此特化成可以對付各個學校的個各入學考試的教學機構。

日本的補習班可分為地方性的補習班以及全國性的補習班,地方的小型升學補習班主要針對當地或是附近的縣內的主要大學,以及大都市圈的名門大學的升學考試就可以了。而全國性的大型的補習班則是在日本全國各地都開有分校,各分校的課程內容也會依地方的學生需求而有所不同,因此這種全國性的大型補習班,光是單一個科目的「講師」人數可能就有百人以上。

由於日本的國土太大,因此日本的補習班的「講師」不可能像台灣的補習班老師南來北往在各分校移動上課,多半只能在某幾個重點區域的分校上課。如果是「看板講師」(招牌名師) 的話,補習班可能會利用短期集中上課的方式來安排「看板講師」在不同期間於不同的分校上課,或是利用衛星實況轉播或是錄影轉播的方式,讓全日本的全部的分校的學生都能上到「看板講師」的課,

後記:
本篇文章曾經遭人盜用,詳情請參見:再度發現本網站文章遭人盜用!!!(第十一回)

相關文章連結:
日本的升學文化
日本的升學文化 (2)
日本的升學文化 (3)
補習班的日文怎麼說?

台湾のマンション違法造築 その1

台湾で、マンションを見上げると、建物上部に違法建築が見られることがある。
何と、マンションの屋上にさらに建物を建て増しされているのだ。
こういう建築物を建てるのはマンションの最上階の住人だよ。

屋上造築部分はそれなりに丈夫で台風でも吹っ飛ばないみたいだから、
掘っ立て小屋というレベルではないみたいものが建設される。
だから、完成されたものは、物置や倉庫というレベルじゃなくて、
ちゃんと自分たちが住めるちゃんとした住まいをそこにつくられるんだ。
こうして最上階にメゾネット方式?のような住戸が完成する。

天井に穴をあけて階段をつけて、屋上の部屋と直結させることもあるし、
住戸をつくって自分の住まいにするだけじゃなくて、そこを人様に賃貸する人までいるのだから、びっくりだ。

マンションの最上階の住人は、屋上を管理する責任があるから、
その延長線上で屋上の住宅造築へと暴走するらしい。
こうやって違法造築すれば、自分たちの住居面積も2倍にできると考えるんだね。

もちろん、最上階の人が屋上を専有できるわけではないから、
違法造築による屋上占拠は、マンション住民とのトラブルにもなるらしい。
ただ、台湾ではとってもポピュラーな現象みたいだ。

こんな違法建築について、以前、政府として撤去させる方針があったらしいけど、
実際には、その違法建築は物すごく多過ぎて――つまり、余りにもその影響が多過ぎて、今はその方針も緩くなっているようだ。

日本的國號(4)

日本的英文正式名稱是「Japan」,縮寫是「JPN」。

如果把日本的英文名稱「Japan」和中華民國的英文名稱「Republic of China」放在一起比較的話,可以發現,日本的正式英文名稱非常短。

事實上,世界上多數國家的英文正式名稱都相當長。例如美國的英文全名是「United States of America」、英國的英文全名則是「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」。這種長名稱的英文叫作「Long-form name」。至於「United States」或是「United Kingdom 」這種短名稱則叫作「Short-form name」

根據美國國務院在2005年整理的一分世界各國的英文名稱的資料中,全世界192個國家當中,有171個國家有「Long-form name」。其餘21個國家則沒有「Long-form name」。日本就是沒有「Long-form name」的國家。

在1920年代,日本政府不太在意外國對日本的英文國號稱呼。當時世界上許多國家把日本稱作「Japan」。到了1934年,日本的文部省提案,把日本國號的日語讀音統一成「ニッポン」,外文的日本名稱則從「Japan」改成「Nippon」。當時的帝國議會也覺得「Japan」這個稱呼有損帝國威信,結果這個提案就發展成日本的國號的議題。最後的討論結果就是把日本的正式國號定為「大日本帝國」,不過英文名稱則一直沒有討論出結果來。而「大日本帝國」的國號最後也沒有完成立法。

也就是說,戰前的日本政治家曾經想把日本的國號法定化,不過最後沒有成功,所以戰前的日本並沒有法定的國號。

在21世紀的現在,雖然日本對外的正式英文名稱是「Japan」,不過日本的鈔票、郵件上還是可以看得到「Nippon」的字樣。在一些運動比賽中也偶爾可以看到日本選手的衣服上寫有「Nippon」的字樣。這些「Nippon」的字樣與其說是英文稱呼,倒不如說是把日本的日文俗稱寫成羅馬字的設計。

相關文章連結:
日本的國號 (1)
日本的國號 (2)
日本的國號 (3)

台湾人の名前のピンインの並べ方

台湾人の名前をアルファベットで表記するときどうするか。
そもそも漢字をアルファベットに直すときのピンインをどうするかという問題もあるんだけど、
今回は文字の並べ方について書きたいと思う。

これらは「中文訳音使用原則」をもとにしているよ。

台湾人の名前は、原則的には姓+名の語順で表記する。

姓は大文字で表記され、余り省略はしない傾向がある。
名はピンインの頭文字だけを表記して、後はピリオド(.)が打たれて省略されたり、
ピンインの頭文字だけを大文字で、後は小文字で表記されたりする。

姓と名前の間はカンマ(,)で区切るみたいだけど、
欧米みたいに姓と名前を逆転して表記したいときは、カンマではなくてスペースで区切る。

日本と大きく違うところは、名前が2文字以上の漢字で構成されている場合には、その間をハイフン(-)で区切ることかな。
ただし、姓が2文字以上の漢字で構成されている場合にはハイフンは使わず、スペースで区切るみたいだ。

これらのことを考えていくと、実際にはこんなふうになるんじゃないかと思う。

 姓1文字+名1文字
例: 李白
姓(すべて大文字)+名(頭文字のみ大文字)――「LI,Bai」「LI,B.」
姓(頭文字のみ大文字)+名(頭文字のみ大文字)――「Li,Bai」「Li,B.」
名(頭文字のみ大文字)+姓(すべて大文字)――「Bai LI」「B. LI」

 姓1文字+名2文字
例: 柳宗元
姓(すべて大文字)+名(頭文字のみ大文字)――「LIU,Zong-Yuan」「LIU,Z.Y.」
姓(頭文字のみ大文字)+名(頭文字のみ大文字)――「Liu,Zong-Yuan」「Liu,Z.Y.」
名(頭文字のみ大文字)+姓(すべて大文字)――「Zong-Yuan LIU」「Z.Y. LIU」

 姓2文字+名1文字
例: 欧陽修
姓(すべて大文字)+名(頭文字のみ大文字)――「OU YANG,Hsiu」「OU YANG,H.」
姓(頭文字のみ大文字)+名(頭文字のみ大文字)――「Ou Yang,Hsiu」「Ou Yang,H.」
名(頭文字のみ大文字)+姓(すべて大文字)――「H. OuYang」「H. Ou Yang」

ちなみに、パスポートのときは全部大文字になるから、
台湾人のパスポートを見ると、全部大文字で表記されていたりする。

台湾のイニシャル」も見てね。